リゾートしらかみ運行再開 駅員ら能代駅ホームで歓迎

運行を再開したリゾートしらかみを見送る能代駅の駅員と能代観光協会の職員
 新型コロナウイルスの感染拡大で4月10日から運休していたJR五能線の快速「リゾートしらかみ」が3日、85日ぶりに運行を再開した。秋田県能代市のJR能代駅のホームでは、駅員や能代観光協会の職員らが歓迎した。

 この日の乗客は約20人で、平日ということもあって空席が目立った。午前9時24分、秋田発青森行きの1号が能代駅に到着。停車中の定番であるバスケットボールのフリースローは行わず、代わりになまはげに扮(ふん)したJR社員がコートの前で写真撮影に応じた。出発時は、駅員や協会職員らが手を振って見送った。

 前日に能代市に宿泊したという東京都大田区の会社員男性(24)は「車両は撮影しやすかったが、やはり人の少なさは感じた。徐々にでも戻ってほしい」と話した。

能代市

秋田
若手経営者が空き店舗リノベ 複合施設が全館オープン
秋田
赤い明かり、見つけられるかな? 能代「さくら庭」キラキラ
秋田
天空の不夜城、2年ぶりお目見え コロナで運行なく展示のみ
秋田
観光レディー「秋田のファン増やす」 新メンバー3人に委嘱状
秋田
「じゃっぷぅ」絶やさない 二ツ井名物、道の駅が製法受け継ぐ