田老発 ヤギミルクパン 宮古に新店舗・肉料理も提供へ

ヤギの生乳を使ったパンを手に「宮古にしかないものを提供していきたい」と意気込む前田英仁社長
 宮古市末広町の末広町商店街に「ブーランジェリー レ・ド・シェーブル」がプレオープンした。田老地区の牧場で育てたヤギの生乳を活用した独自メニューを提供し、パンや総菜も販売。本オープン後はヤギ肉料理を楽しめるビストロとしても営業し、地元の隠れた名物を生かして、にぎわい創出につなげる。

 店舗は赤い外観が目印。店内は白を基調とし、パンの香りがただよう。フレンチの総菜販売に加え、カフェスペースでホットミルクやパンケーキを提供。6月23日のプレオープン後は、来店客がゆったりとした時間を過ごす。

 田老地区の牧場でヤギやヒツジの酪農を手掛けるしあわせ乳業のグループ会社グロースパートナーズ(前田英仁社長)が運営。宮古駅前のヤギ乳スイーツ専門菓子店「パティスリー レ・ド・シェーブル」の姉妹店となる。

 今月中を予定する本オープン後は、ヤギ肉料理を楽しめるフレンチビストロも始める。午前8時からパン販売やカフェ、午後5時から同11時まではビストロと時間帯で業態を変え、違った雰囲気でヤギ料理の奥深さを伝える。

 店舗は宮古駅から近く、バスや電車で訪れた人も徒歩で来店できる。駅前の姉妹店との相乗効果で往来を促す。オーナーの前田社長は「宮古は毛ガニやサケなど一流の海産物があるが、『ヤギも有名だよね』と言われたい。市民や観光客に愛される個性輝く店をつくり、商店街やまちの活性化にもつなげる」と意欲を燃やす。

 プレオープン中の営業は午前8時~午後7時(ラストオーダー同6時)。2~4日は営業時間を2時間短縮する。本オープン後は年中無休で営業する。

宮古市

岩手
北三陸 味も眺めも格別 三鉄ランチ列車、6月末まで
岩手
昭和の漁業や街並みを今に 宮古の県立水産科学館が企画展
岩手
緑は続くよ、どこまでも 宮古・レールバイク
岩手
笑顔あふれる新広場 宮古・道の駅やまびこ館、大型遊具を設置
岩手
観光復活 担う決意 県北バス入社式、初の男性バスガイド採用