新緑味わい いざ頂上へ 焼石連峰山開き

新緑に囲まれた山道を歩き、中沼の景色を楽しむ登山客
 岩手、秋田両県にまたがる栗駒国定公園・焼石連峰の山開き(いさわのまつり実行委主催)は7日、奥州市胆沢若柳のつぶ沼広場で行われた。爽やかな青空の下、登山者たちが主峰焼石岳(1548メートル)の頂上を目指して大自然の中を歩いた。

 同広場で行われた安全祈願祭は、新型コロナウイルス感染症の影響で神事のみに縮小。参加した胆沢山岳会の阿部金市会長(71)は「無理をせず自分のペースで歩き、楽しい登山をしてほしい」と願った。

 焼石岳の中沼周辺では水面に映る新緑や、見ごろを迎えたリュウキンカなどの花々が登山者を出迎えた。宮古市津軽石から初めて訪れた会社員阿部康宏さん(46)は「ガイドブックで見る景色よりもずっときれいだ。豊かな自然に囲まれて感動した」と笑顔を見せた。

奥州市

岩手
黒石寺 蘇民袋争奪戦は中止 来年2月、祈願のみ
岩手
秋を彩る豪華山車 前沢春まつり代替イベント
岩手
大滝サウンド 出発進行 新幹線水沢江刺駅発車メロディー
岩手
手仕事作品の魅力体感 奥州で「こなまるしぇ」
岩手
蔵まちにこだわり雑貨店 奥州・江刺、地元食材や古道具販売