緑の林に輝く味覚 住田・タケノコ収穫最盛期

陽光が差し込む竹林でタケノコを収穫する佐藤啓一さん、加代子さん夫妻=11日、住田町世田米
 11日の県内は高気圧に覆われて晴れや曇りとなった。住田町世田米の農業佐藤啓一さん(82)宅の裏山では、タケノコの収穫が最盛期を迎えている。

 陽光が差し込む竹林で、妻の加代子さん(79)と50本ほどを収穫した。今季は4月の気温が高く昨年と比べて10日ほど早く山の斜面に姿を見せ始めた。作業は6月上旬まで続き、約600本を収穫する予定。

 加代子さんは「採れたタケノコはお煮しめや煮付けにしている。昨年より今年は柔らかくておいしい」とほほ笑んだ。

住田町

岩手
ケセンロックひと休み 2021年度再開目指す
岩手
弾むビート、聴衆熱狂 住田・ケセンロックフェス
岩手
道の駅「種山ケ原ぽらん」(住田町世田米)
岩手
遊林ランド種山(住田町世田米)
岩手
滝観洞(住田町上有住)