サラブレッド母子、春の日差しに輝く

春の日差しの下、のんびりと放牧地の草をはむサラブレッドの親子=24日、東北牧場

 青森県東北町新舘の「東北牧場」でサラブレッドが出産シーズンを迎えている。今年の出産は2月下旬から始まり、これまでに4頭が誕生した。5月上旬にかけて、さらに2頭が生まれる予定という。

 24日朝、放牧地には複数のサラブレッドの親子の姿があった。生まれて間もない子馬たちだが、春の日差しを浴びて元気いっぱい。母馬の後を追いながら、お乳をねだったり、草をはんだりしていた。

 半年ほどで親離れし、来年夏ごろから競走馬となるためのトレーニングを始める。

 同牧場広報の柏崎一紀さん(38)は「出産は順調で、母馬たちも子馬をかわいがってくれている。しっかり成長し、日本ダービーを取るような馬になってほしい」と期待していた。

岩手
普代「キラウミ」で31日に音楽イベント 震災の鎮魂祈る花火も
青森
弘前菊と紅葉まつり、11月1~7日開催
岩手
盛岡文士劇 2年ぶり公演 12月4、5日県内在住者のみ出演へ
青森
こみせ通りにねぷた灯籠 児童制作/黒石
青森
ねぷた御朱印、今年も 鶴田八幡宮で30日から頒布