大館・藤の郷、今年は公開中止 観光客増加受け、駐車場整備へ

「十ノ瀬 藤の郷」のフジ=2019年5月
 秋田県大館市山田にあるフジの庭園「十ノ瀬 藤の郷(さと)」が、今年は公開を中止する。観光客の増加に伴い、周辺に駐車場を整備するため。庭園を所有する津島嘉弘さん(56)は「今年は新型コロナウイルスの感染拡大もあり、来年以降たくさんの人に来てもらえるとうれしい」と話している。

 藤の郷は県道沿いの田んぼの中にあり、一昨年ごろから会員制交流サイト(SNS)などを通じて人気が広がり、県内外から多くの観光客が訪れるようになった。しかし、周辺に駐車場がなく、観光客は付近の農道脇などに車を止めていた。花の咲く5月中旬から下旬は田植えと重なり、農作業の妨げになることもあった。

 こうした状況を受け、市内の有志が「十ノ瀬藤の郷を活用した地域づくりの会」を立ち上げ、駐車場の整備などを行うことにした。今年は開花しても庭園には立ち入りできないようにする。公開中止は津島さんとPRを手伝う同市のデザイン会社「いしころ」が話し合って決めた。

 いしころの石山拓真代表(44)は「観光客と周辺住民の双方が、藤の郷を盛り上げていけるよう環境を整えたい」と話した。

大館市

秋田
貴重な「遺産」きれいに! 旧小坂鉄道茂内駅を草刈り
秋田
大館きりたんぽまつり、ドーム開催は断念 別形式を検討
秋田
大館市「秋田犬の里」、感染対策徹底します 6月1日再開
秋田
秋田犬もふもふリュックいかが? 大館能代空港で限定販売
秋田
緊急制限解除後、初の週末 動物園や道の駅に再び活気、県内