前沢春まつり中止に 新型コロナ感染拡大

切れのある創作演舞を披露した25歳厄年連蒼翔蘭=2019年4月、奥州市前沢
 4月19日の奥州前沢春まつりを主催する前沢まつり実行委(委員長・菅原繁夫前沢商工会長)は18日、奥州市前沢総合支所で臨時理事会を開き、新型コロナウイルス感染症拡大を踏まえ中止を決めた。

 中止は東日本大震災が発生した2011年以来。状況が改善すれば、代替イベントを検討する。菅原委員長(75)は「数年がかりで準備してきた厄年連の思いに応え、披露できる場を考えたい」と話した。

 同日は、5月17日に予定する第4回いわて奥州きらめきマラソンの実行委(会長・小沢昌記市長)総会も開かれた。開催可否の判断を小沢市長に一任し、3月末に決めることとした。全国46都道府県から約6千人がエントリーしている。

奥州市

岩手
蘇民祭 熱く伝える280枚 奥州で写真展
岩手
奥州市南部鉄器まつり新様式 ネット活用、格安販売も
岩手
初競り 昨年の半額 「江刺りんご」コロナ影響70万円に
岩手
踊りの力で地元元気に 奥州で初イベント、15団体300人が出演
岩手
江刺産リンゴ、パンに凝縮 旬に合わせ計20品種