コミックいわて20日発売 第9弾、三鉄全線再開記念の表紙

コミックいわてQの表紙
 本県を題材にしたマンガ作品集の第9弾「コミックいわてQ(キュー)」は20日、県内の書店などで発売される。本県ゆかりの漫画家の13作品を収録する。

 大ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」の作者こうの史代さんが大槌町を舞台に描いた「蓬莱(ほうらい)島への道」、奥州市出身の漫画家吉田戦車さんが国際リニアコライダー(ILC)や同市の国立天文台水沢VLBI観測所を題材にした「科学決戦 ホールVS鉄道」などを収録。本年度のいわてマンガ大賞に輝いた藤倉秀さんの「隣りのかわはくん」も読むことができる。

 表紙には、昨年の台風19号豪雨で打撃を受けた三陸鉄道の全線運行再開を記念し「鉄道むすめ」のキャラクター「久慈ありす」と、そのだつくしさん作の「イワさんとニッポちゃん」が銀河鉄道で旅する様子を描いた。

 A5判、264ページで800円。初版は3500部。

 作品集は2011年から発売され、シリーズの累計発行部数は今回も含め7万7500部。責任編集者を達増知事が務めている。

岩手
木目鮮やか、魚の彫刻展 二戸・シビックセンター、来月14日まで
岩手
輝く氷柱に寒さ忘れて 盛岡・薮川で「氷の世界」初開催
岩手
現代アート、時超え共鳴 盛岡の歴史的建造物に展示
岩手
ビル再生、にぎわい拠点 花巻・「カゲツドアーズ」本格開業
秋田県内の中止・延期イベント、休館情報