洋ラン麗し、早くも見頃 金ケ崎の県立花きセンター

見頃を迎えた色とりどりの洋ラン
 金ケ崎町六原の県立花きセンターで色とりどりの洋ランが見頃を迎え、春らしい彩りと香りを楽しめる。

 展示温室には、白のシンビジウムや黄のオンシジウムなどの洋ラン約50種が並ぶ。今季は暖冬で例年より開花が早く、見頃は今月いっぱい続きそうだ。

 同センターは約4千種の植物を植栽。花の館温室では沖縄県から贈られた亜熱帯植物のほか、ハーブやキンモクセイなど香りを楽しむ植物も展示している。

 センターを管理する県立農業大学校の菅原豊司准教授は「3月はたくさんの花々が咲いており、見どころ満載だ。気軽に訪れ、豊かな香りを楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 午前10時~午後4時、入場無料。月曜(祝日の場合は火曜)休館。

金ケ崎町

岩手
芋の子汁、手軽にセット 金ケ崎・県産食材たっぷり
岩手
古民家カフェ、交流の場に 金ケ崎の「永」きょうオープン
岩手
「袋のねずみ」新年へ願い込め 金ケ崎・張り子作り
岩手
ものづくりの魅力味わって 北上で27日までテクノメッセ
岩手
鳥海柵跡(金ケ崎町西根)