鮮やか洋らん、香りも豊かに 奥州・あすまで展示

色とりどりの花を楽しむ来場者
 県内の愛好者でつくる岩手蘭友会(及川正道会長、会員22人)は8日まで、奥州市水沢横町のメイプルで、第33回岩手洋らん展を開いている。会員が育てた色とりどりの花々133株が来場者の心を和ませている。

 初日の6日は大勢の地元住民が訪れ、カトレアやシンビジウムなど黄色や白色の花を眺め、豊かな香りも楽しんでいた。午前10時~午後5時。最終日の8日は午後4時までで、オークションや抽選会も行う。

奥州市

岩手
拝観帰りにわらび餅 奥州・正法寺が「瑞雪」販売
岩手
「風鈴駅」に夏来る 奥州・JR水沢駅
岩手
新緑味わい いざ頂上へ 焼石連峰山開き
岩手
新たな舞台、共に 奥州前沢「小劇場」参加幅広く募集
岩手
「アマビエ」鉄玉 人気沸騰 疫病封じる妖怪、世界から注文続々