鮮やか洋らん、香りも豊かに 奥州・あすまで展示

色とりどりの花を楽しむ来場者
 県内の愛好者でつくる岩手蘭友会(及川正道会長、会員22人)は8日まで、奥州市水沢横町のメイプルで、第33回岩手洋らん展を開いている。会員が育てた色とりどりの花々133株が来場者の心を和ませている。

 初日の6日は大勢の地元住民が訪れ、カトレアやシンビジウムなど黄色や白色の花を眺め、豊かな香りも楽しんでいた。午前10時~午後5時。最終日の8日は午後4時までで、オークションや抽選会も行う。

奥州市

岩手
蘇民祭 熱く伝える280枚 奥州で写真展
岩手
奥州市南部鉄器まつり新様式 ネット活用、格安販売も
岩手
初競り 昨年の半額 「江刺りんご」コロナ影響70万円に
岩手
踊りの力で地元元気に 奥州で初イベント、15団体300人が出演
岩手
江刺産リンゴ、パンに凝縮 旬に合わせ計20品種