ネイガー×マブヤー共演へ B1秋田―琉球戦前にショー

ショーで初共演するネイガー(右)とマブヤー
 秋田のご当地ヒーロー「超神ネイガー」と沖縄の「琉神(りゅうじん)マブヤー」が共演するショーが15日、秋田市の県立体育館でお披露目される。バスケットボール男子Bリーグ1部、秋田ノーザンハピネッツと琉球の試合のオープニングイベントの一環。ネイガーは「対戦相手もマブヤーもよぐ来てけだ。しったげ楽しみだ」と意気込む。

 マブヤーは沖縄の守り神「シーサー」からインスピレーションを受けたヒーロー。名前は沖縄方言で心や魂を指す「マブイ」が由来という。2011年にはマブヤーが主人公でネイガーが友情出演した映画が公開され、話題を呼んだ。ショーイベントとしての共演は今回が初めて。

 両キャラクターの生みの親である海老名保さん(50)=にかほ市=が台本を担当。海老名さんの知人が共演をハピネッツ社に提案。同社から依頼を受けた海老名さんが快諾した。「ネイガーが誕生して15年になるが、地域への根付きとともに愛されている実感もある。秋田発の文化が沖縄でも発展しており、共演が決まった時はうれしかった」と喜びを口にする。

 ショーは試合開始前の午後5時ごろから約10分。マブヤーは琉球とハピネッツに向け、「チバリヨー(頑張れ)! わくわくする試合を楽しみにしている」とコメント。ネイガーは「試合は互いに全力で。遠くから来てけだ人は秋田を満喫してけれな」と語った。

秋田市

秋田
土や木の香り感じて 大森山、1日から「森の居場所」
秋田
新型コロナで苦境のココラボ、「未来の展覧会チケット」販売
秋田
「生グソ」持ち帰りOK 秋田市・広栄堂のかき氷、混雑回避で
秋田
キョンの赤ちゃんサツキ、愛らしく 大森山動物園
秋田
県立美術館、6日再開 8月30日まで平野コレクション展