「来訪神サミット」男鹿で2月7日開催 全国の団体参加

男鹿市で開催される「来訪神サミット」のチラシ
 「来訪神サミット2020 in Oga」が来月7日午後1時から秋田県男鹿市民文化会館で開かれる。「来訪神 仮面・仮装の神々」として2018年に国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録された全国の行事関係者が集まり、保存継承への思いを語り合うほか、行事を実演する。男鹿市などの主催。

 ユネスコ無形文化遺産に対する文化庁の補助金を活用した事業の一環。初めに文化庁文化財第1課の小林稔・主任文化財調査官が来訪神行事について講演する。

 午後2時からのシンポジウムでは「来訪神行事を未来へつなぐ」をテーマに行事関係者が意見交換する。無形文化遺産に登録された8県10行事のうち、8行事9団体が参加する予定。

 3時20分からは「能登のアマメハギ」(石川県輪島市)、「遊佐の小正月行事」(山形県遊佐町)、「米川の水かぶり」(宮城県登米市)、「吉浜のスネカ」(岩手県大船渡市)、「男鹿のナマハゲ」が行事を実演する。

 男鹿市文化スポーツ課は「他県の来訪神行事を見られる貴重な機会。当日はなまはげ柴灯(せど)まつり初日でもあり、多くの人に男鹿に足を運んでもらいたい」としている。

 入場無料、申し込み不要。問い合わせは同課TEL0185・24・9103

男鹿市

秋田
なまはげ太鼓、男鹿の観光地に出張します 9月まで土日祝日
秋田
オガーレの来場者100万人突破 タイ、アワビなど贈呈
秋田
男鹿で取れた新鮮な魚介ずらり オガーレ、12日まで創業祭
秋田
なまはげ太鼓、観客魅了 男鹿「五風」の常設公演開始、伝承館も再開
秋田
季節の味、今年も 男鹿でマダイ水揚げ盛ん、月末まで「まつり」