泣き顔でスネカと約束 大船渡・吉浜で小正月行事

「言うこと、聞きます」。スネカを前に泣きながら約束する竹ケ原柊季ちゃん=15日、大船渡市三陸町吉浜
 大船渡市三陸町の小正月行事「吉浜のスネカ」は15日、吉浜地区で行われた。奇怪な面に、わらみのをまとった24体のスネカが約400戸を回り、子どもたちの健やかな成長を願った。

 自営業白木沢素一さん(62)宅には日没後、2体が姿を現した。鼻を鳴らし、大声ですごむと、同居する孫の竹ケ原柊季(いぶき)ちゃん(2)は「言うこと、聞きます」と泣き顔で答えた。

 スネカは200年ほど前に始まり、吉浜スネカ保存会(柏崎久喜会長)が継承に取り組んでいる。2001年からは吉浜中の生徒も活動に参加しているが、本年度末で閉校となる。

 柏崎会長(69)は「強く、たくましく生きてほしいという先人の願いを、今後も地域の子どもたちと守り続けていきたい」と固く誓った。

 スネカを含む8県10件の行事は18年11月、国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録された。

大船渡市

岩手
風物詩、駅に涼届ける 大船渡、七夕の吹き流し設置
岩手
海水浴場の開設断念 大船渡市、安全確保難しく
岩手
朗希紹介「酢の素」人気 大船渡・水野醤油店、全国から注文続々
岩手
通販で三陸応援セット 大船渡市の東京アンテナショップ
岩手
未来の食事券で店を応援 大船渡・購入額より1割お得に