感動、マルカン復活劇 短編映画の先行上映で立ち見もでる盛況

舞台あいさつをする(左から)服部恭之さん、内田慈さん、柴田啓佑監督
 短編映画「マルカン大食堂の贈り物」の先行上映会(実行委主催)は12日、花巻市大通りのなはんプラザで開かれた。幅広い世代に愛されていたマルカン百貨店の復活に向けた市民の軌跡を描き、約350人の来場者が目頭を熱くした。

 会場は立ち見も出る盛況ぶり。上映に先立ち柴田啓佑監督(35)、主演の内田慈(ちか)さん、映画製作を企画したポップスバンド「ブルーヘアーズ」の服部恭之リーダー(44)らが舞台あいさつした。

 映画は2016年に惜しまれつつ閉店したマルカン百貨店の復活に向けて写真集の製作に取り組む主人公の女性が、子育てと仕事の両立に悩みながら、周囲に支えられて成長する姿を描いた。

 全編花巻ロケで、大食堂名物のソフトクリームや花巻まつりなど、なじみのある場面が随所に見られた。主人公のモデルとなった同市中根子のフリーグラフィックデザイナー高橋菜摘さん(42)は「周りの人の支えがあったからこそ、デザインの仕事を続けられた。人のつながりの力を改めて感じ、涙が出た」と感動していた。

 映画の上映後には同バンドのコンサートが行われた。作品は今後、国内外の映画祭に出品する。一般公開時期は未定。

花巻市

岩手
蘇民祭 熱く伝える280枚 奥州で写真展
岩手
花巻空港利用客に沿岸の商品をPR 24日までマルシェ
岩手
賢治りんご 蜜たっぷり 花巻農協、期待込め出発式
岩手
道の駅はなまき西南、利用促進へ一丸 100日イベント
岩手
エーデルワイン、3年連続「一つ星」 国際コンクールで獲得