三陸の「漬け」20店を掲載 駅―1グルメ15号発行

三陸の魅力が詰まった漬け膳と漬け丼を紹介する「さんりく駅-1グルメ」の第15号
 台風19号の影響で不通区間が続く三陸鉄道や、バス高速輸送システム(BRT)の駅周辺のおすすめグルメ紹介冊子「さんりく駅-1(エキイチ)グルメ」の第15号が発行され、県内の観光施設や駅などで配布されている。新鮮な魚介類をタレに漬けた「漬け膳」と「漬け丼」を紹介し、三陸の食の魅力をPRしている。

 洋野町から陸前高田市までの沿岸19店舗と盛岡市1店舗の計20店舗を掲載。地域色や店舗の個性が光る料理を写真付きで紹介し、内装や店から見える景色も載せている。今回から英語表記も取り入れ、インバウンド(訪日外国人客)にも対応した。

 「三陸鉄道を勝手に応援する会」の草野悟会長がプロデューサーを務め、駅-1調査員や有志が取材した。A5判、56ページで5万部作製。県内の宿泊施設や店舗、道の駅などで無料配布している。

 同冊子は東日本大震災前の2011年3月から原則として年2回、テーマを決めて発行している。問い合わせは三鉄本社内の駅-1グルメ事務局(0193・62・8900)へ。

岩手
けんか七夕が中止 陸前高田気仙町、震災後も毎年継続
岩手
「黒潮ほたる」大船渡発信 地元出身漫画家がご当地キャラ製作
岩手
芸術文化、活気再び 奇跡の一本松ホール11日開館
岩手
「花見」気分 かき丸々 宮古・水揚げスタート
秋田
湯沢・おしら様の枝垂れ桜 観桜会、中止に