一関の鶏唐揚げ首都圏で好評 渋谷に都内2店舗目

東京・渋谷にオープンしたオヤマの唐揚げ専門店(同社提供)
 一関市室根町の鶏肉生産加工販売業オヤマ(小山征男社長)は、東京都渋谷区の大規模商業施設・渋谷スクランブルスクエアに唐揚げ専門店「からあげ家(や)奥州いわい」を出店した。ひなの生産・飼育から流通まで一貫して手掛ける同社の唐揚げは、ブランド鶏を秘伝のタレでつけ込み、地元で長年愛されている味。首都圏を中心に評判が高まっており、都内2店舗目の出店となった。

 昨年11月に地下2階の食品エリアにオープン。周辺は有名店も並ぶ激戦区だ。看板商品「室根からあげ」のほか、渋谷店オリジナルのシナモンの味付けや玉子とじ丼も提供。弁当には金婚漬や弁慶のほろほろ漬といった県産品も添える。

 唐揚げに使うのは磐井地方のブランド鶏の奥州いわいどり。直営農場で育てており、餌は動物性タンパク質を調整することで鶏特有の臭みを抑えている。加工には最新機器を導入し、骨の混入も防ぐ。

 味付けはしょうゆ、ショウガ、タマネギでシンプルに。臭みを消すニンニクは使わず、後味はスッキリ。本社のある室根地域では約50年前から販売しており、創業時からの味を守っている。両国国技館の焼き鳥にも鶏肉を提供。2018年には初開催の「からあげフェスティバルNo.1決定戦」で初代王者に輝いた。

 小山達也常務は「こだわりの鶏の良さを市場に知ってもらい、付加価値を高めていきたい」と首都圏を起点とした全国への波及を目指す。

一関市

岩手
気合の争奪、肉弾戦 一関・大東、興田神社の蘇民祭
岩手
子年の幸呼ぶモルモット鏡餅 岩手サファリパークで撮影会
岩手
「ひかりの森」歩いてみたら 一関・厳美地区でイルミネーション
岩手
東北魂 15社がビール造り 年明け完成、販売へ
岩手
じわり、寒暖差が生む風味 凍どうふ作り最盛期