ナマハゲロック今年も3日間 7月下旬、出演者は3月発表

大勢の若者らが集まった昨年の「男鹿ナマハゲロックフェスティバル」=昨年7月27日
 秋田県男鹿市の夏の音楽イベント「男鹿ナマハゲロックフェスティバル」実行委員会は6日、今年の男鹿フェスを7月24~26日に開催すると発表した。昨年に続き3日間の日程となる。会場は例年と同じ船川港特設ステージとする予定。

 男鹿フェスは音楽で男鹿を盛り上げようと、地元経営者らでつくる実行委が2007年に始めた。市民文化会館での開催を経て10年から野外開催を続け、東北を代表する音楽フェスの一つに成長した。

 これまでは2日間だったが、昨年は野外開催10回目を記念し7月26~28日に初めて3日間開催。県内外から延べ約1万7千人が訪れた。

 実行委は今年の日程について、東京五輪開催に伴い7月の最終土日が4連休になっていることから、2年連続で3日間とすることを決めた。

 昨年の開催後、「より多くのアーティストが見られて良かった」「飲食店や宿泊施設の利用が増えた」といった声があったことも後押しした。

 例年は同時期に開かれる大規模音楽フェスが今年は五輪開催で日程がずれ、アーティストの出演契約が比較的しやすいことも影響したという。

 出演アーティストの発表は3月から随時行い、チケットも同月から発売する予定。実行委の菅原圭位(よしみ)委員長は「次の10年に向けたスタートの年になる。3日間開催で多くの人に足を運んでもらいたい」と話した。

男鹿市

秋田
なまはげ太鼓、観客魅了 男鹿「五風」の常設公演開始、伝承館も再開
秋田
季節の味、今年も 男鹿でマダイ水揚げ盛ん、月末まで「まつり」
秋田
「アマビエ」石像と一緒に足湯 男鹿温泉交流会館「五風」
秋田
この時期の絶景!朝日映す水田、幻想的に 寒風山から一望
秋田
GAOの生き物、休館中も元気だよ SNSで情報次々と発信