心身清め、祈る幸 呑香稲荷裸参り

水ごりで心身を清める参加者
 二戸市福岡の呑香(とんこう)稲荷神社(小保内道彦宮司)の裸参りは2日夜、市中心部で行われた。参加者が寒さに耐えながら練り歩き、水ごりで新年の無病息災や家内安全を祈願した。

 県内外の参加者13人は祈祷(きとう)後、午後7時に同市のちっちや食堂を出発。さらし姿に口紙をくわえ、太鼓やかねを鳴らしながら、約1・5キロをゆっくりと進んだ。同神社に到着すると、多くの市民らが見守る中、1人ずつおけの水を3回かぶって心身を清めた。

 戦前に始まった裸参りは、中断を経て1987年に復活。復活後初の女性参加者となった東京・高井戸東小4年の田口冬雪(みふゆ)さんは「寒かったけど、頑張って歩いた。今年はいっぱい遊び、勉強でも算数ができるようにしたい」と決意を新たにした。

二戸市

岩手
甘い「宝石」赤々 二戸市でサクランボ収穫
岩手
疫病の不安「トンでけ」 久慈ファーム、豚肉加工品セットに
岩手
南部せんべい栄養食に 二戸・小松製菓が新商品
岩手
夏限定チョコ南部 今年も 父の日ギフトは酒とセット
岩手
おうちで科学を楽しもう 田中舘愛橘記念科学館が工作セット