新年に希望 虹のアーチ 住民「吉兆」喜ぶ

普代村中心部の上空にかかった虹=31日午前7時19分、同村銅屋(久慈支局・及川純一撮影)
 新年はきっといい年―。

台風19号豪雨で甚大な被害を受けた普代村で31日朝、村中心部の上空に七色の虹がかかった。自然の猛威に苦しんだ年の最後にもたらされた贈り物に、住民は「吉兆だ」と喜んだ。

 午前7時ごろ。小雨が時折ぱらつく中、三陸沖から昇ったやわらかな日が漁師町を照らす。同村銅屋の三陸鉄道普代駅上空には、村中心部の両端をかけ橋のようにつなぐ虹が浮かび上がった。

岩手
「ほやファンクラブ」創設 大槌の企業、独自技術で商品開発も
岩手
「破魔矢」に託す穏やかな新年 盛岡八幡宮、19日から販売
岩手
「四季島」初の遠野入り 豪華寝台列車、今冬の運行開始
岩手
「あつ森」で岩手発信 ホテルエース盛岡、 観光スポットを再現
岩手
高校生開発 県産リンゴのパン 盛岡商高×白石食品工業