能代の「旧料亭金勇」館内ツアー 舞妓がガイド役

あきた舞妓と共に館内を巡るツアーの先行体験会
 秋田県能代市柳町の観光交流施設「旧料亭金勇」(小林建彦施設長)が、あきた舞妓(まいこ)と共に巡る館内ツアー(1月4日から3月末まで)を企画した。観光客数が落ち込む冬の集客が狙いだ。17日、行政や報道機関向けの先行体験会が行われた。

 ツアーは旧料亭金勇と、あきた舞妓の所属会社「せん」(秋田市)の共同企画。舞妓と金勇職員が案内し、館内を1時間ほどで巡る。インバウンド(訪日外国人客)を想定し、英語での案内も行う。

 体験会は、能代山本地域4市町村でつくる地域連携DMO(観光づくり法人)「あきた白神ツーリズム」の職員2人を、米国と台湾からの観光客に設定。小林施設長と舞妓の佳乃藤(かのふじ)さんが英語で案内した。金勇の歴史やお座敷での作法を話し、舞妓と一緒に写真を撮る時間も設けた。

 観光客役のDMO職員リーガン・アキさん(25)=米国出身=は「歴史ある建物を舞妓と一緒に見学する体験は、日本文化を楽しみたい外国人に喜ばれるはず。東京や京都と違って人混みもなく、ゆったり舞妓と写真が撮れるのも魅力的」と語った。小林施設長は「舞妓と巡ることで金勇の文化的魅力も高まる。国内外の多くの観光客にアピールしたい」と話した。

 料金は10人までのグループが一律2万9800円(金勇ガイドと舞妓各1人付き)、20人までが一律5万9800円(同各2人付き)。追加料金で食事や舞妓の踊りも楽しめる。3日前までの予約制。申し込み、問い合わせは旧料亭金勇TEL0185・55・3355 

能代市

秋田
能代に泊まって名産当てて 桧山茶や鶴形牛などプレゼント
秋田
アートで能代を明るく 市中心部25カ所、中高生の作品彩る
秋田
道の駅ふたつい来場者200万人突破 移転からちょうど2年
秋田
リゾートしらかみ運行再開 駅員ら能代駅ホームで歓迎
秋田
秋田犬もふもふリュックいかが? 大館能代空港で限定販売