男鹿線の全車両、蓄電池電車へ JR秋田、気動車は順次廃止

男鹿線を走る蓄電池電車(JR秋田支社提供)
 JR秋田支社は3日、男鹿線で運行している交流蓄電池電車「EV―E801系」を2020年度以降に追加投入し、将来的に同線の全ての車両を蓄電池電車にすると発表した。同支社によると、EV―E801系は現在運行中の1編成(2両)に加え、5編成(10両)を20年度以降に順次導入する。具体的な時期は未定。従来から使用している「キハ40」などの気動車は順次廃止する方針。

 EV―E801系は17年3月に導入され、愛称は「ACCUM(アキュム)」。直通する奥羽線の電化区間や男鹿駅で充電した電気を使い、モーターで走る。

男鹿市

秋田
来場者、距離を保ちナマハゲ楽しむ 柴灯まつり開幕
秋田
男鹿市若美の「寒甘野菜」いかが 7日まで収穫体験・販売会
秋田
ハタハタせんべいにナシのコンポート オガーレに新たな土産
秋田
なまはげ太鼓、ライブやります 今月の土日、男鹿温泉郷
秋田
男鹿「帝水」、3月下旬にも再開 コロナ防止で昨秋から休業