田沢湖ビール、2国際審査会で「金」 ピルスナーとアルト

ワールド・ビア・アワードで最高賞に輝いた「ピルスナー」(右)と、ヨーロピアン・ビア・スターで金賞を受賞した「アルト」
 秋田県仙北市田沢湖のわらび座は、自社で醸造している2種類の「田沢湖ビール」が二つの国際審査会でそれぞれ最高賞を受賞したと発表した。同社は「受賞を足掛かりに輸出事業の増大を狙いたい」と話している。

 受賞した2種類のビールは、黄金色とさわやかな喉ごしが特徴の「ピルスナー」と、赤褐色で麦芽の風味を利かせた深みのある味わいの「アルト」。ピルスナーは8月に英国のウイスキー専門誌が主催した欧州最大級のビールコンテスト「ワールド・ビア・アワード2019」のドルトムンダー部門で4度目の最高賞に輝いた。計9部門に50カ国から3500点超のビールが出品された。

 アルトは10月にドイツで開かれた「ヨーロピアン・ビア・スター2019」のアルトビア部門で4度目の金賞を受賞。計60超の部門があり、47カ国から約2500点の出品があった。

 わらび座によると、田沢湖ビールの昨年度の出荷量は約140キロリットル。このうち9割超を国内、1割弱をアジアに出荷している。同社は海外向け出荷量を徐々に増やし、全体の2割まで伸ばしたい考えだ。

仙北市

秋田
こいのぼり、よく見るとウナギも! 仙岩峠の茶屋に展望台
秋田
コロナで苦境の旅行企画会社、テークアウト専門店に業態転換
秋田
元校長が寄贈のピアノ、田沢湖駅で第二の人生 誰でも演奏可
秋田
名所・角館町が“桜色”に 例年より10日早く満開
秋田
角館の桜、もうすぐ見頃 「まつり」20日から縮小開催