田沢湖ビール、2国際審査会で「金」 ピルスナーとアルト

ワールド・ビア・アワードで最高賞に輝いた「ピルスナー」(右)と、ヨーロピアン・ビア・スターで金賞を受賞した「アルト」
 秋田県仙北市田沢湖のわらび座は、自社で醸造している2種類の「田沢湖ビール」が二つの国際審査会でそれぞれ最高賞を受賞したと発表した。同社は「受賞を足掛かりに輸出事業の増大を狙いたい」と話している。

 受賞した2種類のビールは、黄金色とさわやかな喉ごしが特徴の「ピルスナー」と、赤褐色で麦芽の風味を利かせた深みのある味わいの「アルト」。ピルスナーは8月に英国のウイスキー専門誌が主催した欧州最大級のビールコンテスト「ワールド・ビア・アワード2019」のドルトムンダー部門で4度目の最高賞に輝いた。計9部門に50カ国から3500点超のビールが出品された。

 アルトは10月にドイツで開かれた「ヨーロピアン・ビア・スター2019」のアルトビア部門で4度目の金賞を受賞。計60超の部門があり、47カ国から約2500点の出品があった。

 わらび座によると、田沢湖ビールの昨年度の出荷量は約140キロリットル。このうち9割超を国内、1割弱をアジアに出荷している。同社は海外向け出荷量を徐々に増やし、全体の2割まで伸ばしたい考えだ。

仙北市

秋田
随時更新■暖冬の影響は?秋田の小正月行事・イベント情報
秋田
わらび座「東海林太郎伝説」アンコール上演へ 25日から
秋田
角館・安藤醸造、仕込み工場公開 国際教養大生と共同で企画
秋田
温泉むすめ巡礼でグッズ当てて 乳頭、玉川でスタンプラリー
秋田
田沢湖ビール、龍角散とコラボ ハーブと調和、黒ビール発売