昼と夜「二つの紅葉」人気 角館町の武家屋敷通り

紅葉の見頃を迎えライトアップされた武家屋敷通り=16日午後7時ごろ
 紅葉の見頃を迎えた秋田県仙北市角館町の武家屋敷通りが、昼と夜の「二つの紅葉」を楽しむ人でにぎわっている。

 16日夜は、ライトアップされたヤマモミジやカツラの葉が、夜空と黒塀に覆われた通りにくっきりと浮かび上がった。あいにくの雨となったが、三脚を構えてじっくりと幻想的な景色を捉えたり、雨でしっとりと色づく葉に近づいて撮影したりする人の姿が見られた。ライトアップは今月30日まで(午後4時半~10時)。

 青空が広がった17日は、葉の赤やオレンジ、黄色が、降り注ぐ陽光に照らされて鮮やかに輝いた。国内外からの観光客が彩られた木々を背景に記念撮影。景色を楽しむ人を乗せた人力車も盛んに行き交った。

 東京都町田市から夫婦で訪れた稲葉善則さん(75)は「色鮮やかで町並み全体が美しい。すてきな景色を満喫できた」と話した。

仙北市

秋田
名所・角館町が“桜色”に 例年より10日早く満開
秋田
角館の桜、もうすぐ見頃 「まつり」20日から縮小開催
秋田
白と緑のコントラスト鮮やか、刺巻湿原のミズバショウが見頃
秋田
水ばしょう祭り、2年連続で中止 仙北市「桜まつり」縮小
秋田
わらび座の灯、消すわけにいかない 県内企業などが支援組織