東北の魅力、海外へ発信 岩手復興局、大船渡線で初のツアー

JR一ノ関駅で列車に乗り込み、会話を楽しむ観光客ら
 復興庁岩手復興局は、JR大船渡線を利用した外国人向けの観光ツアー「東北UTSUKUSHI(うつくし)の旅」をJR大船渡線で初めて行った。中国やカナダ、タイ出身の観光客ら約20人が13日まで陸前高田市や大船渡市などを訪問し、東北の魅力を体感した。

 インバウンド(訪日外国人客)を増やし、観光を通じた復興を促そうと企画。10日、貸し切り列車2両に乗り一ノ関駅を出発し、気仙沼駅へ向かった。

 車窓の景色を楽しみながら地元食材のリンゴや餅を試食したり、「北国の春」や「恋するフォーチュンクッキー」を歌った。気仙沼駅では住民が大漁旗を振って出迎え、到着後は気仙沼市入沢の男山本店で酒蔵を見学した。

 タイ出身の大学生サハ・アディットさん(26)=宮城県=は「岩手に来たのは初めて。見て回るのが楽しみ」と声を弾ませた。

一関市

岩手
寒風くぐる 柿の道 一関・花泉、冬告げる風物詩
岩手
「ごま摺り団子」特別賞 JR東日本おみやげグランプリ
岩手
シクラメン 心に華やぎ 一関・厳美町で見頃
岩手
オーガニックレストラン お墨付き アーク牧場、飲食店で東北初
岩手
メインの水かけ中止 一関・大東「天下の奇祭」