女子高生考案のメニュー提供へ 10日からキャッスルホテル

提供される「男鹿梨のコンポート」(左)と「ポテトクレープのヨーグルトソースがけ」=秋田キャッスルホテル提供
 秋田県内の女子高校生2人がレシピを考えたメニューが10~17日、秋田市中通の秋田キャッスルホテルで提供される。メニューは「男鹿梨のコンポート」と「ポテトクレープのヨーグルトソースがけ」。先月5日の「牛乳・乳製品利用料理コンクール県大会」(県牛乳普及協会主催)で最優秀賞と優秀賞に輝いた一品だ。同ホテルの大澤唯一料理長は「高校生が考えた料理としては完成度が高く、ぜひ味わってほしい」と話している。

 料理を考えたのは、金足農業高校1年の杉本千尋さん(16)と角館高校3年の田中野々花さん(18)。牛乳や乳製品を使ったオリジナル料理の出来栄えを競う同コンクール県大会で、12校356人の中から杉本さんの「男鹿梨のコンポート」が最優秀賞、田中さんの「ポテトクレープのヨーグルトソースがけ」が優秀賞に選ばれた。大澤料理長はこの大会で特別審査員を務めた。

 「男鹿梨の―」は、ヨーグルトムースの上に、赤ワインや砂糖で煮た梨をバラのように盛り付けたデザート。梨は杉本さんの地元の男鹿市産を使い、コンポートを角切りにしてムースにも入れた。「梨は生食だけでなく加工してもおいしい。ホテルで味わった後、ぜひ自分でも作ってみてほしい」と杉本さん。

 「ポテトクレープの―」はジャガイモを練り込んだクレープ生地でチーズと卵を包み、生ハムをトッピング。レモン汁を加えたヨーグルトソースがかかっており、さっぱりとした味と生地のもちもちとした食感が楽しめる。田中さんは「ボリュームがあり、育ち盛りの人にも食べてもらいたい」と話した。

 県牛乳普及協会によると、コンクールで「男鹿梨の―」は盛り付けの独創性、「ポテトクレープの―」は味と作りやすさが評価された。今回、協会が秋田キャッスルホテルにメニュー化を依頼した。

 ホテル1階のダイニングレストラン「ザ・キャッスル」で提供する。二つのメニューのセットで1320円(税込み)。提供時間は午前11時~午後5時。問い合わせは秋田キャッスルホテルTEL018・834・1141

秋田市

秋田
トナカイ飼育に最高賞 大森山動物園、6年の試行錯誤が結実
秋田
人形道祖神ブーム到来か? 東京・代官山蔦屋で秋田本フェア
秋田
緑の森でヤマモミジ真っ赤に紅葉 旭川ダム公園
秋田
白いけど…コーヒー味 秋田市のコーヒー店、SNSで話題に
秋田
カピバラ「いい湯だな~」 くつろぐ姿人気、大森山