秋田書道展の展示作業、着々と アトリオンなどで2日開幕

作品の展示作業が行われた会場=秋田市中通のアトリオン
 第82回秋田書道展(秋田魁新報社主催)が2日、開幕する。会場となる秋田市中通のアトリオンと県立美術館県民ギャラリーでは31日、作品の展示作業が行われた。

 同展は県内最大規模の書道展。一般、小中高生から2428点の応募があり、入賞1956点、入選458点(半紙、八つ切り、硬筆含む)を展示する。最高賞の魁星賞を3回受賞した人が出品した招待作品7点、推薦を3回受賞した人が出品した無鑑査作品49点、審査主査を務める杭迫柏樹(くいせこはくじゅ)さんら審査員の賛助作品12点も並ぶ。

 31日は各会場で展示作業を行った。2、3人が一組になり、作品を丁寧に飾り付けた。1日は、展示を最終確認する。

 アトリオンでは一般一科と小中高生、賛助、招待、無鑑査の作品を展示。県民ギャラリーでは一般二科の作品を鑑賞できる。

 会期は6日まで。午前10時~午後5時。入場料は一般・大学生500円、小中高生200円。

秋田市

秋田
ごてんまり、多彩に61点 秋田市で26日まで展示会
秋田
「秋田牛しぐれ煮」開発、全国販売 焼き肉店×つくだ煮店
秋田
空港1位は「あつみのかりん糖」 お土産、いぶりがっこ健闘
秋田
全種類、制覇できるかな? 「ラッピング」タクシーが好評
秋田
太平山の「信仰」「暮らし」紹介 県立博物館、魅力知る展示