ものづくりの魅力味わって 北上で27日までテクノメッセ

北上市や金ケ崎町の約100団体の技術、製品が集結した「きたかみ・かねがさきテクノメッセ2019」
 北上市と金ケ崎町の企業や団体が一堂に会し技術や製品をアピールする「きたかみ・かねがさきテクノメッセ2019」は25日、北上市相去町の北上総合体育館で開幕した。27日までの3日間、「見る・聴く・感じるものづくりの世界」をテーマに魅力を伝える。企業や学校が約100のブースを設置。多彩な体験コーナーもあり、小学生らの笑顔があふれている。

 25日は、体育館玄関前で開会式を行い、高橋敏彦北上市長、高橋由一金ケ崎町長らがあいさつ。テープカットで開幕を祝った。

 午前9時半開始で、26日は午後4時、27日は同3時まで。入場無料。

北上市

岩手
展勝地100年彩る花畑 来年節目、種まき開始
岩手
「おに丸くん」を3D再現 北上市観光キャラ、先端技術を活用
岩手
岩手県内のイベント次々中止、延期 新型肺炎余波
岩手
県内の桜、ことしはいつ開花? ウェザーニュース最新予想
岩手
親鸞掛け軸を元日に初公開 北上・藤沢の遊行上人堂