「新そば」いかが 道の駅さんないで「まつり」

新ソバといものこ汁のセットを味わう来場者
 秋田県横手市山内の「道の駅さんない」で12日、第15回新そばまつりが始まった。家族連れなど大勢の人が訪れ、新ソバを使った手打ちそばやいものこ汁、ブドウといった山内の秋の味覚を満喫した。13日まで。

 山内地域では、転作田を中心に約40ヘクタールで「階上早生(はしかみわせ)」という品種の風味豊かなソバが栽培されており、収穫のピークを迎えている。

 会場では同道の駅のスタッフが打ったそば、いものこ汁、いぶりがっこなどの漬物、ブドウのセットを1食1300円で販売している。初日は雨にもかかわらず、旬の味を求める人たちが続々と訪れた。2日間で2千食を提供する予定。

 同道の駅企画課の鈴木長雄(たけお)さん(53)は「雨の中、これだけ多くの人が来てくれて感謝している。新ソバならではの香りと、独特ののどごしを楽しんでもらいたい」と話している。

 午前10時~午後2時。問い合わせは同道の駅TEL0182・56・1600

横手市

秋田
「御城印」を手に歴史感じて 横手市・金沢城跡で販売
秋田
まんが美術館に「しんちゃん」原画展示 父ひろしは秋田出身
秋田
あでやかで華やかな美人画堪能 近代美術館、6月20日まで
秋田
観光レディー「秋田のファン増やす」 新メンバー3人に委嘱状
秋田
食事中も気抜けない? まんが美術館に「ゴルゴ13」カレー