生のイチジクは「初めての味」 にかほ市で収穫ピーク

試食の完熟イチジクを提供する今野さん(右)
 秋田県にかほ市特産のイチジクが収穫のピークを迎えている。同市大竹の今野幸生さん(66)が営む直売所には、甘露煮などに使う加工用や、そのまま食べられる完熟のイチジクが並ぶ。今年から面積を広げた直売所に市内外から多くの人が訪れている。

 直売所には今野さんの畑約70アールで収穫したイチジクが並ぶ。市内で広く栽培されている加工用の品種「ホワイトゼノア」のほか、生食用の「バナーネ」も販売。イチジクは完熟してからの劣化が早く、生で食べられる完熟イチジクは小売店に出回りにくいという。買い物客は完熟イチジクを試食して「甘くておいしい」「初めて食べる味だ」などと語り、買い求めた。

 今年は高温の日が続き、熟すのが例年より1週間ほど早い。今野さんは「完熟のイチジクは今の時期しか食べられない。加工用もさまざまな料理に使える。いろいろな形で味わってほしい」と話す。

 直売所は午前10時半~午後4時、11月中旬ごろまで営業する。問い合わせは今野さんTEL0184・38・3582

にかほ市

秋田
女性誌FRaU、一冊丸ごと秋田を特集 発酵食などに反響
秋田
鳥海山で深まる秋、黄色や赤に色づく 雄大な景色広がる
秋田
にかほ市のレトロな洋館、カフェに 潟上市出身の鎌田さん
秋田
にかほ市の釜ケ台番楽「翁」復活 「四人空臼」では新演出
秋田
にかほ市花火大会、今年は24日 初の洋上花火、打ち上げ