「SLおが」火入れ式で無事故祈願 12日に運行

灰色の煙を上げる「SLおが」の下で行われた火入れ式
 JR秋田支社と秋田県が秋の観光プロモーションに合わせてJR男鹿線で運行する「SLおが」の火入れ式が4日、秋田市楢山のJR東日本秋田車両センターで開かれ、同社の役員や県職員ら約30人が安全と無事故を祈願した。SLが男鹿線を走るのは47年ぶり。
 
 神事の後、車両センターの小谷徳隆所長が点火棒に火を付けSLの石炭の投入口に入れると、煙突から灰色の煙がもくもくと立ち上った。
 
 同社の木村英明支社長は「安心、安全な運行に向け身の引き締まる思い。車内から見える景色や、男鹿線をSLが走る風景を楽しんでほしい」と話した。
 
 運行は12、13の両日で、秋田―男鹿の下りはディーゼル機関車、男鹿―秋田の上りはSLがけん引する。乗車券は既に完売している。

秋田市

秋田
多彩な「表情」楽しんで 秋田国際ダリア園
秋田
ユニホーム、甲子園準優勝の盾… 県立博物館で球史企画展
秋田
古代の秋田人、災厄とどう向き合った? 秋田城跡から探る
秋田
メトロ屋上でBBQできる! 別館開業企画、10月3日まで
秋田
人気の「うどんそば自販機」、Tシャツなどグッズできました