「SLおが」火入れ式で無事故祈願 12日に運行

灰色の煙を上げる「SLおが」の下で行われた火入れ式
 JR秋田支社と秋田県が秋の観光プロモーションに合わせてJR男鹿線で運行する「SLおが」の火入れ式が4日、秋田市楢山のJR東日本秋田車両センターで開かれ、同社の役員や県職員ら約30人が安全と無事故を祈願した。SLが男鹿線を走るのは47年ぶり。
 
 神事の後、車両センターの小谷徳隆所長が点火棒に火を付けSLの石炭の投入口に入れると、煙突から灰色の煙がもくもくと立ち上った。
 
 同社の木村英明支社長は「安心、安全な運行に向け身の引き締まる思い。車内から見える景色や、男鹿線をSLが走る風景を楽しんでほしい」と話した。
 
 運行は12、13の両日で、秋田―男鹿の下りはディーゼル機関車、男鹿―秋田の上りはSLがけん引する。乗車券は既に完売している。

秋田市

秋田
ヤートセ秋田祭、初の中止に 新型コロナ感染拡大で
秋田
勝手に「ゴーン」 千秋公園、自動鐘付き機で復活
秋田
ツバキの魅力を感じて 秋田市の庭園で見頃
秋田
スイーツで春感じて 秋田キャッスルホテル、1日からフェア
秋田
千秋公園桜まつり縮小 出店やステージ中止に、秋田市が方針