50回の歩みに酔う 花巻・大迫ワインまつり

昔ながらのブドウ踏みを再現するワイン娘たち=15日、花巻市大迫町・ワインシャトー大迫
 花巻市大迫町で15日、第50回おおはさまワインまつり(実行委主催)が開かれた。県産の先駆けである大迫ワインを盛り上げ50回。歩みに思いをはせて、今年の一杯を味わった。

 即売や試飲が行われ、グラスを手にした人でにぎわった。仙台市青葉区の庄子(しょうじ)徹さん(62)は「果実感に富みおいしい」と堪能した。フリーアナウンサー千葉星子さんらワイン娘3人はブドウ踏みに挑戦。オーストリアの民族衣装姿で軽やかに果汁を搾った。

 大迫では戦後間もなくブドウ栽培が始まり、1962年に現エーデルワインが創業。まつりは産地化を促そうと77年から続く。

花巻市

岩手
窓なし列車「風っこ」の旅 JRと三鉄、花巻―宮古間
岩手
輝く賢治の幻想世界 花巻・童話村でライトアップ始まる
岩手
花巻空港、待望の全便再開 福岡便運航は5月以来
岩手
「古里自慢」がお出迎え 新花巻駅で絵手紙作品展
岩手
芳醇な仕上がり 大迫町内6店舗、限定ワイン発売