村初の子ども服専門店 野田・交流施設ねまーるに開店

「母親や子どもが気軽に集まる店にしたい」と張り切る古舘晃子店主
 野田村野田の交流施設ねまーるに9日、同村初の子ども服専門店coconimo(ココニモ)がオープンした。東日本大震災で被災し復興が進む村中心部で、同村玉川の主婦古舘晃子さん(43)が開業。愛らしい洋服で子どもたちの笑顔を広げる。

 店内にはカラフルな子ども服やバッグ、帽子、雑貨などがずらり。広さは約36平方メートルで、小さないすやおもちゃを置き、子どもが遊べるスペースもつくった。

 商品はブランドの展示会に通い、こだわりの物を仕入れる。対象年齢は乳幼児から小学校低学年までで、よだれかけから子ども用リュックまで幅広い。

 午前10時~午後5時。毎週水曜、隔週(各月で異なる)日曜定休。毎月の休みは会員制交流サイト(SNS)のフェイスブックやインスタグラムで告知する。問い合わせは同店(0194・66・8750)へ。

野田村

岩手
泣く子も笑う「なもみソフト」 道の駅のだ、新商品
岩手
野田の風景 全国に届け 村観光協会、SNSで動画を公開
岩手
青空の下、コーヒー片手に読書 野田村で移動式カフェオープン
岩手
手紙で予約、山の宿 野田村・苫屋
岩手
道の駅「のだ」(野田村野田)