横手やきそば、今年の四天王決まる

表彰式で四天王ののぼり旗を受け取る出店者
 秋田県横手市の秋田ふるさと村で開かれていた「横手やきそば四天王決定戦2019」が8日、2日間の日程を終えて閉幕し、来場者の投票で今年の四天王が決定した。今後1年間、自慢の味で名物「横手やきそば」を市内外にアピールする。

 四天王は▽出端屋(田中町)▽北海屋(前郷二番町)▽藤春食堂(大屋新町)▽ステーキハウススフィーダ(杉目)。表彰式で、市観光協会などでつくる実行委員会から認定証と「横手やきそば四天王」と書かれたのぼり旗が贈られた。藤春食堂は11年連続の選出となった。

 決定戦は、予備審査で選ばれた市内10店舗がエントリーし7日に開幕。来場者が食べ比べして、気に入った味の店に割り箸(1膳2票)で投票した。実行委によると、13回目の今年は販売総数が1万17食、投票総数は1万6763票。暑さの影響でいずれも昨年の8割程度となった。

 表彰後、打川敦実行委員長が「こんなに暑い中で行われたことはなかった。四天王に選ばれた店をはじめ、これからも焼きそばを通じて横手市をもっとにぎやかにしてほしい」とあいさつした。

横手市

秋田
黄色に輝くまっすぐな道 イチョウの黄葉見頃、横手
秋田
丹精込め、鮮やか2500鉢 横手で5日まで「菊まつり」
秋田
「若冲と京の美術」展、来場1万人を突破 県立近代美術館
秋田
「新そば」いかが 道の駅さんないで「まつり」
秋田
「小ぶりだが味ばっちり」 独特の粘り、山内いものこ品評会