SLや船、超リアル! 八郎潟、11日まで「動く模型展」

SLや船の模型が並ぶ展示会場
 SLや船などの「動く模型展」が9日、秋田県八郎潟町のえきまえ交流館はちパルで始まった。線路幅45ミリ、縮尺22分の1の大型鉄道模型が走る様子を見られるほか、一部は運転操作も体験できる。11日まで。

 はちパルの主催。五城目町大川の櫻田紀元さん(79)ら県内の模型愛好家がコレクションを出展した。1周24メートルの線路を走るSLや電車の模型、エンジンを搭載した船、飛行機の大型模型などが並ぶ。屋外の特設プールでは船の無線操縦も楽しめる。

 9日は親子連れや中高生が訪れ、スマートフォンで写真を撮るなどしていた。大学教員を定年退職した後、模型に夢中になったという櫻田さんは「はちパルは模型を大規模に披露できる貴重な場。夏休み中の子どもたちに楽しんでもらいたい」と話した。

 無料。午前10時~午後5時(11日は3時)。

八郎潟町

秋田
さば缶トーストおいしいよ 天王みどり学園高等部が商品化
秋田
踊り手の大きな輪広がる 八郎潟・一日市盆踊り開幕
秋田
干拓前の八郎潟、引き網漁で活躍…うたせ舟、8年ぶり運航へ
秋田
八郎潟の田んぼアート見頃 ナマハゲ、秋田美人出現
秋田
7月もイベント盛りだくさん!秋田で遊ぼう