ゆぽぽ「とりたま茶漬け」が本県1位 朝ごはんフェス

本県1位となった温泉ゆぽぽの「とりたま茶漬け」
 全国の旅館やホテルなどの宿泊施設が自慢の朝食を競う「朝ごはんフェスティバル2019」で、わらび座(仙北市)が運営するあきた芸術村・温泉ゆぽぽの「とりたま茶漬け」が本県1位に輝いた。

 このコンテストは、旅行サイト「楽天トラベル」が毎年実施。今年はサイト登録する約1340施設、うち本県からは22施設が参加した。

 6月に行われた楽天会員によるインターネット投票と口コミなどを総合評価し、各都道府県の1~3位と全国8エリアの代表を決めた。

 ゆぽぽのとりたま茶漬けは、今年4月に提供を開始。県産米にカツオと鶏で取っただしをかけた。鶏のささみやさけそぼろ、温泉卵などを自由にトッピングできる。うま味のあるだしに温泉卵のまろやかさが加わり、やさしくて奥深い味に仕上がったという。

 同施設は昨年も「稲庭カレーうどん」で本県1位を獲得しており、担当者は「これからも朝食を通じて秋田の魅力を伝えたい」と話した。

 東北代表には浄土ケ浜旅館(岩手県宮古市)の「海の幸てんこ盛り浜カレー」が選ばれ、10月の決勝に出場する。

仙北市

秋田
田沢湖、角館、雫石を巡ろう クーポン付きパンフレット配布
秋田
離れていても「わらび座」と会える サポーター制度を開始
秋田
たざわ湖スキー場で安全祈願祭 リフト券売り上げは上々
秋田
今冬の「角館冬がたり」は中止、コロナ感染予防策徹底難しく
秋田
稲庭うどんの職人を熱演 わらび座新作、28日から