夏の夜空、光の稲穂彩る 秋田市で竿燈まつり開幕

秋田竿燈まつりが開幕し「光の稲穂」が夏の夜空を彩った=3日午後7時半、秋田市の竿燈大通り
 秋田竿燈まつり(国重要無形民俗文化財)が3日夜、秋田市の竿燈大通りで開幕した。町内と企業、団体合わせて74の竿燈会が過去2番目に多い281本を出竿。1万個を超えるちょうちんが「光の稲穂」となって夜空に浮かび上がった。6日まで。

 「どっこいしょー、どっこいしょ」の掛け声とおはやしに合わせ、差し手の男たちが竿(さお)を手のひらや額、肩、腰で支える技を披露すると、観客から歓声と拍手が起こった。

 市竿燈まつり実行委員会によると、初日の人出は35万1千人で、昨年を3万6千人上回った。期間中、132万人の人出を見込んでいる。

 4日からは、差し手とはやし方が技量を競う妙技大会(昼竿燈)が同市中通のエリアなかいちにぎわい広場で開かれる。

秋田市

秋田
ごてんまり、多彩に61点 秋田市で26日まで展示会
秋田
「秋田牛しぐれ煮」開発、全国販売 焼き肉店×つくだ煮店
秋田
空港1位は「あつみのかりん糖」 お土産、いぶりがっこ健闘
秋田
全種類、制覇できるかな? 「ラッピング」タクシーが好評
秋田
太平山の「信仰」「暮らし」紹介 県立博物館、魅力知る展示