独自のワイン、限定発売開始 花巻商議所大迫支部

26日から発売された葡萄園の妖精
 花巻商工会議所大迫支部(山影義一会長)は26日、花巻市大迫町内の7店舗で、オリジナルワイン「葡萄(ぶどう)園の妖精」の本年度の限定発売を開始した。

 赤、白の2種類を用意。同町大迫のエーデルワイン(藤舘昌弘社長)が2017年産のブドウで醸造したワインをブレンドし、酒屋店主が試飲を重ね仕上げた。

 赤は第6回サクラアワード2019(1月、東京)で金賞に輝いた逸品。酸味と渋味のバランスが良く、味もしっかりしている。白は飲み口が甘く、冷やして飲むのがお薦めだ。

 同町大迫の近村酒店の近村文雄店主(65)は「昨年のワインは金賞を受賞してから、一気に完売した。今回も自信作なので、ぜひ飲んでほしい」と呼び掛ける。

 町内限定ワインの発売は今年で13年目。赤、白とも約500本用意した。720ミリリットル入り2160円(税込み)。同店のほか、小川酒店、かげつ商店、高橋酒店、藤倉酒店、村喜本店、エーデルワインのワインシャトーで販売する。

花巻市

岩手
ランタン 冬の夜空に願い乗せ 花巻・鉛温泉スキー場
岩手
新型肺炎、県内も警戒 空港、観光施設は対応強化
岩手
花巻市のイベント情報
岩手
温泉郷 ひな飾りのおもてなし 花巻・19施設でまつり
岩手
感動、マルカン復活劇 短編映画の先行上映で立ち見もでる盛況