万年筆インクは岩手色 盛岡の文具店、イメージ3種を販売

万年筆のインクでいわてのいいイロ発信プロジェクトを盛り上げる(左から)杉立修共同代表、菊池保宏代表、竹村育貴共同代表
 盛岡市菜園の文具セレクトショップpen.(菊池保宏代表)は12日、「いわてのいいイロ発信プロジェクト」のオリジナル万年筆インクを再発売する。本県の地域資源を12色で表現する同プロジェクト(同市、竹村育貴・杉立修共同代表)に共感し、第1弾商品の3色が誕生。色に込めた地域の物語を県内外に広める。

 再発売するインクは、東日本大震災の津波到達点に植樹された桜並木を表す「陸前高田ゆめブロッサム」と、夜空と星々をイメージした「種山高原ギャラクシーブルー」、商品化を記念した特別色で、緑を帯びた深い青の伝統色「岩手県旗グリニッシュグレイ」。

 セーラー万年筆(東京都)の職人が手作りし、3月8日に発売したが、翌日に完売していた。

 同プロジェクトは自然や文化、伝統工芸、食など地域の魅力を色と物語で示す取り組みで、2014年度の復興庁「新しい東北」先導モデル事業。菊池代表(38)は「素晴らしいプロジェクトを商品で発信したかった。来年までに全色を商品化させたい」と見据える。白などインクにできない色は別製品を予定する。

 同プロジェクトは新たな色の発掘やイベントなどへの広がりを模索しており、竹村共同代表(38)は「インクができたことでプロジェクトを知ってもらい、応援してくれる人を増やしたい」と展望する。

 杉立共同代表(42)も「色を通じて地域に誇りを持ってもらい、県外の方には現地に足を運ぶきっかけにしてほしい」と願う。

 インクは3色で計84本販売。1本50ミリリットル入りで税別3千円。同店は平日と土曜は午前11時~午後8時、日曜祝日は午前11時~午後7時。不定休。問い合わせは同店(019・613・3873)へ。同プロジェクトホームページのURLはhttp://www.1116nippon.net/

盛岡市

岩手
川面照らし、昇る送り火 盛岡舟っこ流し
岩手
台風で一部イベント中止、延期 岩手県内
岩手
盛岡市のイベント情報
岩手
紫波さびバーガー24日発売 福田パンなど、グルージャ応援も
岩手
ガブッ!餌やり大迫力 盛岡市動物公園