横手で「ビッグコミック」50周年展 来月、340点展示

ビッグコミック50周年展のチラシ
 小学館の青年漫画誌「ビッグコミック」の創刊50周年を記念した「ビッグコミック50周年展」が7月6日、秋田県横手市の県立近代美術館で始まる。同誌に連載された漫画の原画など約340点を展示する。同館とABS秋田放送でつくる実行委員会の主催。7月5日の内覧会と6日のトークショーの参加者を募集している。

 同誌は1968年創刊で、昨年50周年を迎えた。さいとう・たかをさんの「ゴルゴ13」や故手塚治虫さんの「地球を呑む」など、数々の人気作品を掲載。「大人のためのコミック誌」というジャンルを切り開いた。

 会場では、同誌上で人気を集めた歴代作品の原画を、あらすじを紹介するパネルとともに展示する。ビッグコミック570冊を壁一面に並べたコーナーでは、表紙に描かれた話題の俳優やスポーツ選手らのイラストを見ることができる。

 内覧会は5日午後2時から。開会式を行った後、会場を無料公開する。先着50人。はがきに名前と年齢、住所、電話番号を明記し、〒013―0064、横手市赤坂字富ケ沢62の46、県立近代美術館「ビッグコミック50周年展 開会式・内覧会」係に郵送する。ファクス(0182・33・8858)、メール(akitamma@rnac.ne.jp)でも受け付ける。

 トークショーは6日午後3時から。先着100人。無料。同誌で「劉邦」を連載中の漫画家高橋のぼるさんと、編集長の由田和人さんが登壇する。終了後、「劉邦」のイラストが印刷されたオリジナル色紙に高橋さんがサインを書いてプレゼントする。参加申し込みは県立近代美術館TEL0182・33・8855。

 50周年展は9月8日まで。午前9時半~午後5時(最終入館は4時半)。会期中無休。観覧料は一般千円(前売り800円)、高校・大学生500円(同400円)。中学生以下無料。

横手市

秋田
魔法の美術館、来場2万人突破 横手市・秋田ふるさと村
秋田
台風10号、お盆行事に影 西馬音内盆踊りは室内に会場変更
秋田
秋田を満喫!8月は祭り・イベント目白押し!
秋田
カブトの王様と記念撮影 横手、「昆虫展」にぎわう
秋田
林道舞台に迫力の走り きょうまで「横手ラリー」