昼夜で異なる顔を持つカフェ 奥州・くるくるカフェ、13番目の月

くるくるカフェで提供しているアサイーボウル(左)と13番目の月で堪能できるローストビーフ丼
 コンセプトは「この地にない新しいものを」。奥州市水沢南町に昼と夜で違った「味わい」が楽しめるカフェがオープンした。昼は食材にこだわる「くるくるカフェ」、夜はくつろぎの場を提供する「13番目の月」として営業する。若者の人気や珍しさに着目したメニューも取り入れ、地域の活性化を目指す。

 ともに同市水沢大町にあるおうちカフェミゥミゥ(及川由美代表)の系列店で、スナックだった空き店舗を改装して6月に開店した。10席ほどと広くはないが、窓を多くし、開放感がある空間に仕上げた。

 営業はくるくるカフェが午前11時半~午後3時。13番目の月は午後8時~翌午前0時。金、土曜と祝前日は同2時まで営業する。ともに月曜定休。問い合わせは各店のインスタグラムへ。

奥州市

岩手
旧盛岡天主堂と奥州・愛宕神社本殿が国の文化財に
岩手
大谷田んぼアート、今年は愛犬デコピンも 奥州の水沢で見頃
岩手
いわて落語寄席in前沢、7月6日開催 奥州、桂枝太郎さんら出演
岩手
話題のカレーパン、岩手県内初出店 奥州「小麦の奴隷」27日開店
岩手
音楽から生まれたカラフルな絵 奥州・柏山大生さんが初個展