潮風トレイル中間点に案内看板 陸前高田市観光物産協会

製作したミッドポイントを横に笑顔を見せる平山直さん(右)と朋花さん夫妻
 陸前高田市観光物産協会(熊谷正文会長)は、長距離自然歩道みちのく潮風トレイル(八戸市-福島県相馬市、1025キロ)の中間地点に当たる同市広田町の大野海岸に案内看板を設置した。地元で林業と木工業を営む平山直さん(34)、朋花さん(35)夫妻が気仙地域の木材を使い製作。ハイカーたちの新たな「写真映え」スポットとして人気を集めそうだ。

 看板「ミッドポイント」は、風雨に強く堅いクリの木製で高さ約2メートル。アパラチア山脈に沿って米国を縦断するアパラチアン・トレイル(3500キロ)の看板を参考に、北端の蕪島(かぶしま)(八戸市)と南端の松川浦(福島県相馬市)への距離と方角を示し、中央部にはハイカーらが押すカウンターが備え付けられている。

 陸前高田市を訪れたハイカーから「海外のトレイルには中間地点を表す看板がある」との情報提供を受けたことで構想が生まれた。昨年2月から市や地元住民らと準備を進め、同市矢作町の平山さん夫妻に製作を依頼。大野海岸のトイレ・シャワー棟近くに、6月上旬に設置した。

陸前高田市

岩手
高田松原海水浴場が海開き 陸前高田、響く歓声
岩手
ありがとう、マスカットサイダー 陸前高田で31日までイベント
岩手
「飲む点滴」甘酒の魅力発信 陸前高田に専門店「AMAZAKE STAND」
岩手
名車×和食=青春の味 陸前高田、板前サブロー360
岩手
ロダンの「考える人」陸前高田に 市立博物館で26年秋まで