平泉・春の藤原まつり開幕 3日は源義経公東下り行列

きらびやかな衣装をまとい、境内を練り歩く子どもたち
 平泉町の春の藤原まつりは1日開幕し、中尊寺(奥山元照貫首)で稚児行列を行った。華やかな衣装の子どもたちがにぎわう境内を練り歩いた。

 県内外の園児ら約50人が参加。鮮やかな狩衣(かりぎぬ)・直垂(ひたたれ)姿に、烏帽子(えぼし)や宝冠をかぶり、本堂から金色堂までの約300メートルを練り歩いた。沿道の観光客らがカメラを向け、家族が手を振ると、笑顔で応えていた。

 藤原まつりは3日にメインの源義経公東下り行列、5日に毛越寺で国指定重要無形民俗文化財の「延年舞」を予定する。平泉観光協会によると、期間中の観光客の入り込みは32万人と見込んでいる。

平泉町

岩手
中尊寺薪能「仕舞、狂言、能」の3作上演 平泉で8月14日
岩手
平泉・毛越寺、あやめまつり開幕 7月7日まで
岩手
梵字が池に往時の水面 平泉・無量光院跡、復元した水路跡で取水
岩手
清衡の経巻、400年ぶり平泉へ里帰り ガイダンスセンター
岩手
建立900年の中尊寺金色堂に光 コロナ後の観光客回復に期待