舟運文化、思い悠々 盛岡で北上川フェスタ

もりおか丸からの眺めを楽しむ参加者
 盛岡地区かわまちづくり(舟運)実行委(村井軍一会長)は15日、盛岡市を流れる北上川で北上川フェスタを開催した。木造船もりおか丸の運航やゴムボートでの周遊などを行い、市民らが身近な川の魅力を体感し、かつての舟運文化に理解を深めた。

 12人乗りのもりおか丸は5便運航し、同市の旭橋付近を出発。30分かけて約2キロ下流の明治橋付近に到着した。その後徒歩で市指定有形文化財の御蔵やもりおか町家物語館などの鉈屋町・大慈寺地区を巡り、歴史の一端に触れた。

 もりおか丸は9月まで月1回、関係者が実証実験を重ね、本格運航を目指す。

盛岡市

岩手
魔法の美術館きょう開幕 盛岡・マリオス展示ホールで
岩手
「魔法の美術館」あすから開催 盛岡・マリオス
岩手
浴衣涼しく盛岡散歩 協賛店キャンペーンスタート
岩手
県産ベリー 甘い誘惑 県内10店舗、スイーツフェア
岩手
万年筆インクは岩手色 盛岡の文具店、イメージ3種を販売