「飲む点滴」甘酒の魅力発信 陸前高田に専門店「AMAZAKE STAND」

「伝統的な飲み物である甘酒の効能や魅力を多くの方に知ってもらいたい」と呼びかける小西莉絵さん
 神奈川県鎌倉市に本店を構える甘酒専門店「AMAZAKE STAND(アマザケ・スタンド)」の新店舗が、岩手県陸前高田市高田町にオープンした。前職で同僚だった大船渡市立根(たっこん)町出身の小西莉絵さん(32)と神奈川県出身の三橋英里子さん(30)が共同経営。健康志向の高まりや美容への関心が深まる中、豊富な栄養価から「飲む点滴」と呼ばれる甘酒の魅力を発信する。

 市チャレンジショップの一角に、DIY(日曜大工)で手がけたという木製のカウンターやベンチが並ぶ。鎌倉本店、仙台店に続き、1月に開業。17平方メートルほどの店内は、ぬくもりある落ち着いた空間で、パウチに入ったカラフルな商品が目を引く。

 同店の甘酒は本県産のあきたこまちと、陸前高田市気仙町で100年以上続く仕込みみその老舗、小島麹(こうじ)店のこうじを原料に使い、低温発酵させて造る。火入れをしない「生甘酒」で、全て砂糖不使用。ブドウ糖やアミノ酸などが多く含まれ、腸の調子を整える効果も期待できるという。

 営業は水-土曜の午前11時~午後3時。問い合わせは同店(080・6607・8612)へ。

陸前高田市

岩手
潮風トレイル中間点に案内看板 陸前高田市観光物産協会
岩手
ありがとう、マスカットサイダー 陸前高田で31日までイベント
岩手
名車×和食=青春の味 陸前高田、板前サブロー360
岩手
ロダンの「考える人」陸前高田に 市立博物館で26年秋まで
岩手
陸前高田オートキャンプ場、愛され再出発 家族連れ、自然を満喫