命がけの百姓一揆を描く 24、25日に花巻市民劇場

本番に向けて演技に磨きをかける出演者
 第48回花巻市民劇場「百姓の一分(いちぶん)」(市主催)は24、25の両日、同市若葉町の市文化会館で開かれる。1836(天保7)年に起き、指導者2人が処刑された「大迫通亀ケ森穀改め反対一揆」を題材に、当時の農民たちの必死な生きざまを描く。

 フィクションとノンフィクションを併せた脚本で、凶作の中でも年貢を命ずる役人らに百姓たちが反旗を翻すストーリー。昨年12月に旗揚げし、エキストラや音響、照明などスタッフ含め約80人で舞台をつくる。

 出演者らは週3日以上の稽古を重ねてきた。米俵やのぼり旗、一揆開始の合図を出す木製ほら貝などの小道具を使い、方言が多いせりふの発音にも気を配る。

 【公演日程】24日午後6時半と25日午後2時の2回公演。花巻市若葉町3の16の22の市文化会館で。入場料は一般千円、高校生500円、中学生以下無料。問い合わせは同会館(0198・24・6511)へ。

花巻市

岩手
旅のお供に名物の「あんパン」いかが 新花巻駅に自販機を設置
岩手
「ナイトローズガーデン」幻想的に彩る 花巻温泉、10月中旬まで
岩手
宮沢賢治思い描いた早池峰 花巻で高野さん(銅版画家)作品展
岩手
ジブリ作品の世界観、写真で味わって 花巻・大沢温泉
岩手
特産を使ったラーメン風のソーセージ 花巻農高生が商品開発