光の世界、青山雪あかり2日から 盛岡の支援学校がろうそく製作

ろうそく作りの仕上げを進める生徒
 盛岡みたけ支援学校(工藤弘毅校長、児童生徒147人)の中学部は、盛岡市青山の盛岡ふれあい覆馬場プラザで2、3の両日に開かれる「青山雪あかり」のろうそくを製作した。

 リサイクル作業班の1~3年生11人が作業学習として1年かけて取り組み、1月29日までに2千個を用意。地域の葬儀会社で使用したろうそくを溶かして再利用し、型や芯の準備から箱詰めまでの作業を進めた。

 雪あかりでは両日ともに午後4時半~同8時にろうそくを点灯する。

盛岡市

岩手
盛岡の風物詩や名所がモチーフのカード 歴史文化館で無料配布
岩手
みちのく潮風トレイル5周年 食や体験、巡って満喫バスツアー
岩手
盛岡市動物公園ZOOMO、入園600万人 愛され36年目、6日まで催し
岩手
中津川周辺、まち歩き楽しく 盛岡、26日までスタンプラリー
岩手
もりおか町家物語館に手作り段ボール迷路 5月6日まで