四輪車オフロードコース、被災跡地にオープン 大船渡・三陸町

アップダウンコースやモーグルコースなどがあるオフロードコース
 岩手県大船渡市三陸町越喜来(おきらい)の東日本大震災被災跡地に24日、四輪車オフロードコースがオープンする。地元の自営業中村晃也(こうや)さん(62)が「地域に活気をつくりたい」と考え、活用されずにいた場を整備した。越喜来の新たな魅力として、観光振興も目指す。

 ど根性ポプラ広場東側の民有地約50アールを借り、高低差約3メートル、傾斜30度のアップダウンコースやV字溝、モーグルコースなど七つを作り上げた。レンタル車両(ジムニー)も用意し、「自分の車ではあまり味わえないことを体験してほしい。程よい怖さが魅力で、アトラクション感覚で楽しんでもらいたい」と願う。

 料金は年内無料。来年1月から1時間半で5千円、オフロードに適した車両を持ち込めば500円(いずれも税抜き)。営業時間は午後1~同5時。日曜のみ午前10時~午後5時。月、火曜定休。インスタグラムなどで情報発信している。 

大船渡市

岩手
「中尊寺ハス」被災跡地で見頃 大船渡、復興のシンボル
岩手
初さんま、うに、アワビ…食べに来て 大船渡で8月25日に催し
岩手
ケセンロック、5年ぶり復活 「原点の地」大船渡で15日開催
岩手
迷路、クイズで防災を学ぼう 大船渡の夢海公園で7月イベント
岩手
海産物満載のラーメン楽しんで 大船渡「休み処 かわ喜」