住田・及川農園の梅酒、全日空機内食に 梅干しに続く第2弾

こだわりの梅酒を手に「諦めずに取り組んでよかった」と喜ぶ及川詔夫社長
 住田町世田米の及川農園(及川詔夫(のりお)社長)の梅酒が、12月1日から全日本空輸(全日空)機の国際線ファーストクラスの機内食に採用される。2015年3月から提供されている梅干しに続く第2弾。約8年かけて開発した自慢の品が、世界の空旅を彩る。

 同農園の梅干しは完全無添加で香りと酸味、口溶けの良さが好評。食材の入れ替わりも激しいファーストクラスで和食の一角を担い続けており、全日空が梅酒の製造も打診した。

 梅酒造りは15年秋に着手したが、道のりは長かった。複数の酒造会社と商品化を目指したがなかなか進まず、19年から連携した陸前高田市の酔仙酒造(金野連社長)と4年間かけて完成にこぎ着けた。多国籍の搭乗客が満足する風味を追い求め、試作は約80種類にも及んだ。

住田町

岩手
「からあげ大作戦」地元産の豚肉・鶏肉食べて 住田で来月末まで
岩手
学びの集大成をパスタに 住田・ケラッセで期間限定で提供
岩手
11日に種山高原山開き 4年ぶり通常開催、奥州・星座の森で式典
岩手
頂へ広がる青空と新緑 五葉山で山開き
岩手
道の駅「種山ケ原ぽらん」(住田町世田米)