平安時代題材、トリックアート 3日、奥州・藤原の郷内にオープン

新作の「天狗に吊橋で危機一髪!」。天狗に襲われるような写真が撮影できる
 奥州市江刺岩谷堂の歴史公園えさし藤原の郷(さと)内の「トリックアート平安の館」は3日、リニューアルオープンした。新作3作品も登場し、平安時代をモチーフにしただまし絵で来場者をさらに楽しませる。

 新作は、橋で天狗(てんぐ)に襲われるような「天狗に吊橋(つりばし)で危機一髪!」、迫力のある白虎に乗っているような写真が撮れる「都を守護する四聖獣」、館外の望楼櫓(ぼうろうやぐら)に描かれたブランコの三つ。全14作品となった。

 佐藤克也総合広報室長(47)は「紅葉と併せて楽しんでほしい」と呼びかける。同園の入場料(大人千円など)が必要。午前9時半~午後4時。近日中に写真や動画のコンテスト開催も予定している。

奥州市

岩手
奥州・水沢公園で桜の開花宣言 今週末にも見頃
岩手
大谷翔平選手結婚、続く祝福ムード 岩手県内、記念セールも
岩手
最後の「蘇民祭」、準備万全 奥州・黒石寺、きょう開催
岩手
震災に負けぬタッグの音色 奥州でビッグブレスがジャズライブ
岩手
米どころの「味力」込めた自家製パン 奥州「米こやマルシェ」