お待たせ!天然岩ガキの水揚げ始まる にかほ市象潟

水揚げされた大量の岩ガキを加工する浅倉さんの家族ら
 秋田県にかほ市象潟町の小砂川漁港で3日、天然の岩ガキ漁が始まった。ウエットスーツを着込んだ地元漁師が船を出し、素潜りで岩ガキを採って漁港へ運び込んだ。

 若手漁師の浅倉智さん(35)は午前7時半ごろから漁を開始。漁港から約200メートルの地点で約7メートル潜り、バールを加工した道具を使って200個近くの岩ガキを集めた。

 岩ガキは、漁港で待っていた浅倉さんの家族ら3人がナイフを使って海藻やフジツボなどをこそげ落とし、漁協に出荷した。浅倉さんは「今日は潮の流れが速くて苦労した。海が穏やかな日が続き、漁に多く出られる年になってほしい」と話した。

 地元漁師によると、小砂川漁港周辺は鳥海山から海に流れ込む伏流水にミネラルが多く含まれるため、岩ガキが濃厚な味になるという。

 小砂川漁港の岩ガキ漁は1日に解禁された。同市の象潟、金浦両漁港では1カ月遅れの7月に解禁される。

にかほ市

秋田
空港1位は「あつみのかりん糖」 お土産、いぶりがっこ健闘
秋田
「ラミーカミキリ」見に来て 温暖化?にかほで東北初確認
秋田
「雪の回廊」早期開通へ、桜開花シーズンに合わせ
秋田
選ばれしカニ!「にかほ本ずわい」来月から出荷 県漁協
秋田
池田修三さんの作品、街なか飾る にかほ市でまちびと美術館